余計なものを処分しよう

いらないものを見極めよう

不法投棄は絶対にいけない

新しい家具を買ったら、これまで使っていた家具はいらなくなります。
また、ずっと何年も使っていない大きな家具もあるでしょう。
自宅で保管していても邪魔なので、今後も使わないなら処分するのがおすすめです。
処分する時は、行政か業者を利用してください。
面倒ですし費用が発生するからといって、その辺の空き地に不法投棄することは絶対にしてはいけません。

正しく家具を処分することは、法律で決められています。
それを守らないで不法投棄をすると、警察に捕まってしまうと覚えておきましょう。
行政だったら業者ほど高額な料金は掛からないので、お得に家具を処分できます。
余計な出費を発生させたくない人は、行政に回収を任せてください。

手数料の支払い方

事前に手数料を支払うことで、大きな家具を行政に回収してもらえます。
手数料はコンビニなどで支払えるので、忘れないでください。
また大きな家具といっても、タンスや食器棚というように様々な種類があります。
種類や大きさによって、具体的な手数料の金額が変わるので必ず調べてください。
地域のホームページを見ることで、何を処分する時はどのくらいの手数料が発生するのかわかります。

地域によっても金額が変わるので、間違えて他の地域をチェックしないでください。
自分が暮らしている地域を確認しましょう。
行政に任せる場合は、大きな家具でも1000円前後で済ませられます。
業者に回収してもらう時は5000円ほどの金額になることも多く、行政の方がお得です。


この記事をシェアする


ページの
先頭へ