余計なものを処分しよう

シールを家具に貼る

シールが剥がれないように

シールを、処分したい家具の見やすい部分に貼ります。
行政のスタッフはシールを確認して、手数料を支払っていることがわかったら回収してくれます。
しっかり貼らないと、途中で剥がれてしまいます。
すると行政のスタッフは、手数料を支払っていないと判断するでしょう。
家具を回収してもらえないので、もう1回手数料を支払うところからやり直さなければいけません。

余計な手間と出費が発生するので、シールが剥がれないように貼りましょう。
家具を、外に出しておく人も見られます。
するとすぐ家具を持って行けるので便利ですが、雨に濡れるとシールが剥がれやすくなるのでより気を付けなければいけません。
屋根のあるところに、家具を置くと良いですね。

回収する日をチェック

業者に依頼する場合は、自分で好きな日を選択できます。
しかし行政に大きな家具の回収を任せる際は、日にちを自由に選択できないと覚えておきましょう。
回収できる日があらかじめ決まっているので、確認してください。
また1か月に2回ほどと、他のゴミの回収日に比べて数が非常に少ないです。

チャンスが来たら、逃さないようにしましょう。
家具を出し忘れると、また長い期間待たなければいけません。
すると家具がずっと自宅に残るので、断捨離しても気持ちがスッキリしないでしょう。
せっかく部屋を片付けても、いらない家具を処理し終わるまで終わりません。
早く片付けが終わるように、最も近い回収日はいつか調べて、それに合わせて手数料を支払うなどの準備を進めましょう。


この記事をシェアする


ページの
先頭へ