余計なものを処分しよう

ゴミ処理場に持って行こう

自分で持って行く場合

ゴミ処理場が近くにある場合は、わざわざ回収を待たなくても家具を持って行くことができます。
すると費用が安くなるので、出費を極力抑えたい人はその方法を使ってください。
いきなり大きな家具を持って行っても、対応してもらえないかもしれないので事前に電話で連絡をしましょう。
平日なら、自由に持ち込むことができます。

家具を1つや2つ持って行くぐらいだったらできるでしょう。
しかしたくさんの大きな家具を持って行くのは大変ですし、車に全て積むことはできないかもしれません。
すると何回か往復するので、手間が増えてしまいます。
処分したい家具の大きさや数によって、行政に回収してもらうのか自分でゴミ処理場に持って行くのか決めましょう。

いつでも持って行けるメリット

自分で家具を持って行く場合は、回収日を待たなくて良い面が大きなメリットですね。
早く家具を処分しなければいけないけれど、次の回収日が2週間後になってしまった時などに活用してください。
何時から何時まで経営しているのか、確認しておきましょう。
また祝日やお盆休み、年末年始は経営していないところが多いので気を付けてください。

長期休みを利用して、自宅を大掃除する人が多いと思います。
その時に必要ないと判断した家具は、長期休みが終わってからゴミ処理場に持って行くのが良い方法です。
どこにゴミ処理場があるのか確認して、指示に従って家具を処分しましょう。
ゴミ処理場に行くと、スタッフがいるので利用するのが初めてでも安心できます。


この記事をシェアする


ページの
先頭へ